1:2016/03/01(火)16:07:51 ID:
no title
市街戦やれよ
2:2016/03/01(火)16:08:15 ID:
ぼくらの
3:2016/03/01(火)16:08:37 ID:
作画が面倒くさいだろ!
5:2016/03/01(火)16:08:42 ID:
アニメーターが大変やろ
6:2016/03/01(火)16:09:31 ID:
ポケ戦「」
7:2016/03/01(火)16:10:50 ID:
天元突破グレンラガンが市街戦をした結果


地球が滅びました
8:2016/03/01(火)16:10:52 ID:
ザンボット3見ろ

   

9:2016/03/01(火)16:11:55 ID:
ガサラキが良かったよね
10:2016/03/01(火)16:12:42 ID:
>>9よくわからなかったけどな
11:2016/03/01(火)16:12:53 ID:
ロボットに限らず大型陸戦兵器は市街戦では不利だしな
13:2016/03/01(火)16:14:28 ID:
>>11
むしろ人型ロボットなら市街戦のほうが有利なんじゃないの?
宇宙空間だと人型の利点ないじゃん?
14:2016/03/01(火)16:15:29 ID:
>>13
戦車と比較すれば人型ロボットの方がそりゃ有利だがね
それ以上に、携行ミサイル抱えた歩兵の方が遥かに有利になっちゃう
16:2016/03/01(火)16:16:39 ID:
>>14
でもロボットは対人戦やるわけじゃないんだから良いじゃん
18:2016/03/01(火)16:17:32 ID:
>>16
いや戦う相手がそういう戦術採って来たら、嫌でも対人戦しないといけないんだが
23:2016/03/01(火)16:24:38 ID:
>>13
宇宙空間だと手足の広げ方で重心が云々するらしい
24:2016/03/01(火)16:26:08 ID:
>>23
宇宙飛行士もそう言ってるもんな
25:2016/03/01(火)16:27:09 ID:
>>23
脚なんて飾りですよの人は間違ってたんだな。
12:2016/03/01(火)16:13:46 ID:
作画がぷるんぷるんしちゃうからダメだな
19:2016/03/01(火)16:17:50 ID:
ワイヤートラップの餌食になっておじゃん
20:2016/03/01(火)16:18:08 ID:
熱源探知とかつかえないのかな?
21:2016/03/01(火)16:19:16 ID:
ファミコンウォーズだと街は歩兵か戦闘歩兵じゃないと占領出来なかったな
22:2016/03/01(火)16:22:51 ID:
サイズはどれぐらいかもにもよるよな
タチコマサイズやランスロットサイズなら市街地で良いだろうけどさ
26:2016/03/01(火)16:34:55 ID:
フロントミッションやろうぜ
またはファントムクラッシュのように民間人の遊びってスタンスで
27:2016/03/01(火)16:56:28 ID:
ギアス




1001
以下、\(^o^)/でぴくとがお送りします:2015/XX/XX 99:99:99 ID:AniPicto

もし仮に衛宮士郎が衛宮切嗣を召喚したとするじゃん?
戦闘狂キャラで一番完成度高いのって誰や?
【画像】ナースキャラで一番可愛いのはだれ?
【画像】漫画「日常」の最終巻意味不明でワロタwwww
【画像】だがしかしのサヤ師可愛すぎワロタwwwwwwwwwww
アニヲタが入りがちな部活wwwww
主人公は実はロボットでした!!って展開の作品
この世界で生きていきてえなぁと思ったアニメ、ゲームの世界
「主人公の師匠」とかいうハズレキャラがいないポジションwwwww
能力を使う度、どんどん人間離れしていく主人公ってよくね?
「黒騎士」で思いついたキャラあげてけ

おすすめサイトの人気記事
コメント一覧

    • 1. 名無しのぴくとさん
    • 2016年03月02日 22:42
    • ID:zhQWlFzr0
    • ホンコンシティー
    • 2. 名無しのぴくとさん
    • 2016年03月03日 11:47
    • ID:I2ibbHbd0
    • 市街戦やってるロボアニメはそれだけで、えらい

      アルドノアとか好きだったなあ
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

おすすめサイトの最新記事
その他おすすめ記事
Amazonリンク
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


↑このページのトップヘ